FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月3日 仕掛けをちょっと変えてみた(^^;ゞ

080803-1.jpg

日曜日の午後、ノンビリと自宅を出発して南房へ到着したのは15時半頃、海沿いを走りながら目的地を目指す。
海水浴客で賑わう海岸には、時折こんな感じでスイカ釣りをする釣り人の姿が見受けられる。
そう言えば、今年はまだスイカ釣りをやってない・・・。
もしかすると、このままやらずにシーズンを終わるかも?(^^;ゞ

080803-2.jpg

日が沈んんで暗くなってからが狙いなのだが、今日は満潮が18時半過ぎ、日没にはまだ大分ある17時頃、目的の場所へと入磯した。
狙いはもちろんフエ鯛!
何故ならば昨年もそうだったが、水温の上昇に伴ってメジナなんかは全く釣れなくなるが、このフエ鯛だけは何とか釣れる。・・・と思う(笑)
今年も既に1枚釣ってるのと、"UMA" の正体をコヤツと仮定すれば、今の高水温期に竿を曲げて楽しませてくれる、数少ない貴重なターゲットのひとつだと思う(^^)
かくして、そのフエ鯛を狙うべく、いつもの釣場へとやって来たのだった。

海況はというと、結構、波やウネリは強め。
暗くなってから見たらちょっと入磯するのを躊躇したかも知れない(^^;ゞ
チャランボにコマセだけでなく背負子も括りつけて実釣開始!

今回、実は仕掛けを少し変更しててオモリとウキとのバランスを変えている。
今までは、仕掛けにつけたオモリとほぼ同等の浮力のウキを使っていたが、色々思うところや先人達を見習って、オモリに対してかなり余力の残るウキを選択している。
ちなみに今回、仕掛けにセットしているオモリは3B相当、それに対してウキの浮力は5B。
今まで、ウネリなどにウキが飛ばされたりした際、浮力を残したウキだとそのまま仕掛けも引っ張ってしまうと思っていたが、ドッシリした仕掛けを使ってさえいれば大丈夫である事に気が付いた。
ドッシリした仕掛けとは、ドッシリ = 重たい、では無く、確かに重めのオモリ(B~3B)を使うが、重要なのはウネリの下にオモリをつける事だと思う。
波やウネリと言うのは、一見、表層から海底まで全て引掻き回されてようだがそうではなく、
表層から中層までの一部分までだったりする。
その一部分の下になるよう、仕掛けにうつオモリの位置を調整してやれば、波やウネリに仕掛けが飛ばされない、すなわちドッシリした仕掛けになる。

そして、そんなドッシリした仕掛けを使ってさえいれば、浮力が残るウキを使っていても仕掛けが飛ばされず、むしろ、もみくちゃになって沈んだウキの立ち上がりが素早く、基本的に浮いてくれているので釣りやすい。
つまり、アタリなのかウネリで沈んだのか?分からない、という事が減り、格段とアタリが取りやすくなった(^^)
やはり先人達の知恵と言うのは、しっかりと理由に裏付けされたものなのだと、改めて気付かされた一件でもあった(^^;ゞ

そんな訳で無事、フエ鯛をゲット♪
でも、先日のよりはちょっと小振り。

080803-3_fuedai.jpg
(37cm)

でも今回、上のフエ鯛も入れて、3回程それらしき魚信を捉えたのだが、最初の1回で上のフエ鯛をゲットしたまでは良かったが、後の2回は全くダメ(T_T)
ひとつは、アワセた瞬間、物凄い走りを見せ、それを止めたまでは良かったものの、根にハリスを摺っていたようで、ハリスがザラザラに切れていた、とほほ・・・。
次は、運良く左沖の根に走ってくれ(こっちの方が少し広くて余裕がある)、根ズレは無かったようだが、道糸からブレイク、とほほ・・・。
久しぶりにバチンッ!という、ラインの破断する音を聞いた、これはもうハッキリとタックル負け(>_<)
・・・もしかして、根で道糸を擦ってたか?? そんな気もする・・・(^^;ゞ
いずれにしろ、少しタックルバランスを見直した方が良いかも知れない・・・?

そんなこんなで、フエ鯛1枚の釣果で夜釣りの部は終了、
仮眠して翌日の釣りに備えることにした。

080803-5.jpg

翌日はAM4時に起床して、久しぶりにカメラを片手に海辺を散歩。

080803-6.jpg

期待した朝焼けは拝めなかったのの、ノンビリ写真を撮りながら潮位が下がり出すのを待つ。

080803-7.jpg

そして満潮から下げに変わったところで入磯、滅多に入れない最先端を目指す。
・・・つまりベタ凪(^^;ゞ
下3枚の一番右の画像にある、磯の先端に釣り座を構え、ここで行うのはオキアミを使用した "沈め釣り"。
ここなら潮通しも良いので、かなり沖にまで流せていけるだろうと、良からぬ企み?(^^;ゞを抱いていたのだが・・・・・、
残念ながら凪倒れ!(T_T)
画像でも推測出来るように、潮なんて全く通っちゃいない。

080803-8.jpg080803-9.jpg080803-10.jpg

それでも折角ここまで来たんだし、やるだけやってみよう!という事で、2時間程竿を出して遊んで見た。
・・・
そう遊んだだけ。
釣れたのはコッパやベラだけだった。

コマセと釣り人が腐る前に納竿し、久しぶりに「龍神ラーメン」を食べて帰路についたのだった。








>>> 釣行一覧へ
>>> 邂逅の海トップへ

コメントの投稿

  • URL
  • コメント:
  • パスワード:
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

コメント一覧

>>ちあきさん、
ネットリ目線も艶っぽいです(笑)

感動していだき幸いです(^^;ゞ
底荒れしてしまっているような場合は別ですが、案外底の方は静かだったりする事があります。
でも、最近の釣果を拝見してると、ちあきさん達も恐らく似たような釣りをされてるのでは無いでしょうか?
ほんと最近、あまりの好調振りに少々驚愕しております(^^)
後は、ヒョロロ~ンが直れば完璧なのではないでしょうか(笑)

でも、私もたまにやりますよ、
ヒョロロ~ンとか、竿下サビキですか?とか(^^;ゞ
masaya : 2008/08/06(水) 08:06:14 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
masayaさん、今回の釣行記からも、わたくしお勉強をさせていただきました~~!

ウネリには、「どっしりした仕掛け」ですね!
原理を聞いて、なるほどおおおおお!と感動いたしました。
それにウネリっていうのは、海面から海底までギッチャグチャになってるのかと思ってました。

フエフキダイの流し目、すごく色っぽいですね。。
37センチですかああああ~~~。。。

いいなあ・・・(ネットリ目線)(笑)
ちあき : 2008/08/06(水) 00:10:17 | URL | [ 編集 ] :#0hKZQSco
>>レーサーさん、ありがとうございます(^^)
前回はもう少し沖狙いでも良かったかな?と、ちょっと反省しております(^^;ゞ

確かに、特に夜は足元付近まで魚が入ってきますね。
特に満潮時はその傾向が強いと思います。
真昼間だって、足元のエグレに思いもよらぬ大物が潜んでいる場合もありますもんね~(^^)

バラした2発は姿を見てませんので何とも言えませんが、フエ鯛の最初のパワー溢れる暴れっぷりに、すっかり嵌った感があります(笑)
最大は60cmくらいのようですが、まだあまり釣られていない今の状況なら、うまくすれば50cmクラスも夢ではないのでは!?と、そう夢を抱いております(^^)
masaya : 2008/08/05(火) 21:39:36 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
>>グレさん、
お待ちかね・・・、
そう言ってもらえると釣り人冥利に尽きるってもんです(笑)

どうやら7月~8月は、南房でフエ鯛のノッコミみたいで、昨年も今年も魚は抱卵していました。
そういう意味でも今がチャンスなのかも知れません。

南房ではショゴの釣果もちらほら出てますので、狙ってみてはいかがでしょうか?
洲崎あたりでも、もしかしたら!?(笑)
masaya : 2008/08/05(火) 21:27:42 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
師!..師匠オオオッ...素晴らしいッす流石ですね。
見事フエダイ(私らの通称はフエフキ)ゲット、その上2発も掛けるとは、恐れ入りました。
師匠のフカセ釣り2回拝見していますが、狙い方はお見事なまでの徹底したフカセ釣り、フカセ釣りは私もアレで良いと思います、私もフカセに自信を持っていた時は徹底してあの様な攻め方をしていましたよ。
そして益々の旺盛な研究心、私もフカセに拘っていた頃を思い出しまして楽しく読ませていただきました。

私がカゴ師によく言う言葉があります、凡ちゃんにもよく言うのですが<食い気の立っている大物ほど度胸を決めて足元に差してくる>これが分かっていない釣り師は生意気な事言ってたってレベルは低いですよ、でも殆どの釣り師がこのレベルです、遠投して喜んでるタイプ(石鯛師もしかり)]ですかね。
私もメインはカゴですが絶対に最初から遠投なんかしませんよ、近場のポイントしか狙いません。
その方が大物が来ることを分かっていますから。

師匠、また一緒になる機会が逢ったときは遠慮せずにそばで竿を出させて頂きます。
釣り談義世間話をしながらの楽しいひと時を楽しみにしております、またその折はTEL致しますので。
コマセ撒きレーサー : 2008/08/05(火) 21:20:31 | URL | [ 編集 ] :#.ciQz8fI
MASAYAさん、待ってましたよ~
 
フエフキダイ、一度は釣りたいと思いつつ、この時期の磯の夜釣りはなかなか経験がありません。
しっかり良い型を上げてるし、幻となった2匹もあるし、上々の釣行じゃないですか?
外房のショゴが居なくなったし、私もまた洲崎に行きたくなった、今回の記事でした(^0^)/
グレ大好き : 2008/08/05(火) 21:10:58 | URL | [ 編集 ] :#zbXMXQP6
>>ニックさん、
本命ゲットですが、今の時期でも釣れる確立の高い獲物を本命にしてる事もあるのでしょうね(^^;ゞ

ところで、雑誌などの軽い仕掛けですが、ある意味、やはり "釣れる仕掛け" なのだと私自身は、実は思ってたりもします(^^;ゞ
名人と呼ばれる方々が、さすが研究をしているだけの事はあるかな?と。
ただ、浅場の根回りを攻める釣りの場合は、流して釣る事よりも仕掛けを留めるケースの方が多い事もあって "適さない" だけだと。

それを踏まえた上で・・・、
今回仕掛けにうったオモリは、ハリ上30cmくらいのとこにG4、その上50cmくらいのとこに2Bの段うちです。
実は夜釣りでは、ほとんどこの組み合わせが多いです。
当然、オモリの位置関係は状況によって変えてますが。
それに対して、今までは3B浮力のウキを使ってましたが、今回は5B浮力のウキを使用しました。
つまり変更したのはウキの浮力だけだったりします(^^;ゞ
でも、それだけでかなり釣りが変わったと感じました。

ちなみにこれ、夜釣りの場合でのお話しで、昼間の釣りではまた違うのでご注意を。

実はこれ、私がふかせ釣りを始めた頃、師匠に教わっていた事なんですよ。
ただ当時は、その意味が理解できておらず、最近になってやっと理解できたと言う訳です。
随分と遠回りしました・・・(>_<)

それと、ウキのサイズを大きくするだけでも変わったりしますよ。
とにかく、状況によって選べる選択肢は色々あると思うので、私も今後もまた、思う事があれば試していってみるつもりです(^^)

masaya : 2008/08/05(火) 20:50:42 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
またもや本命GET!masayaさん、
確実に獲物を手にしますね。お見事です♪♪
下記で4号さんがおっしゃるように、
こんなに熱心な釣人は私も初めてですよ♪
↑↑
良い意味で言っておりますので、
誤解しないで下さいねっ!

雑誌に載っている軽い仕掛けを参考に
それに従って釣っていましたが、私の場合は特に
悪天候に邪魔をされたりで、軽い仕掛けでの釣り方はどうもやりづらく、いろいろと悪戦苦闘した結果、最近はどっしりとした仕掛けで釣りをするようになりました。確かにその方がやりやすいんです。
しかし、いまいちなんです。たぶんガン玉の選択とつける位置がまずいのだと思います。
うねりなどで、仕掛けがどうしても馴染まない時は
ガン玉を3点打ちにしてしまうこともあります。

masayaさんが今回、試された仕掛けは
ガン玉は3B相当ということですが、
どのような位置につけられましたか?

ウキに浮力を残して仕掛けを作っているつもりなのに、たまに波でウキが沈むことがあるんですよ。
そのウキは沈んだままで、なかなか浮いてこないし、アタリが取りづらく、どうしたらいいのかなぁ~と
思うことがよくあります。
ニック太郎 : 2008/08/05(火) 20:04:01 | URL | [ 編集 ] :#-
え? 私のようなタイプは初めてですか??
う~む、どういう意味だろう・・・。
まぁ、人よりちょっと熱中度が高く凝り性なだけで、ごく普通の釣り人だと思うのですが・・・?(^^;ゞ

そうですか、ご遠慮されますか。
でも、フエダイが釣れる場所は私は此処しか知りませんから、フエダイを釣りたいのなら 「覚悟」を決めてもらいましょ(笑)
大丈夫! あの時の帰り道に比べたら、何てことはないですよ(^^;ゞ
masaya : 2008/08/05(火) 10:28:18 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
「釣り経験が豊富」とか言われるレベルの人間ではありませんが..
気がついたら40年以上も竿握ってるようです(汗)
そんな釣り人生でもmasayaさんのようなタイプのアングラーには初めてお目にかかりましたよ(爆)
....私にとってはmasayaさんの行動全てが驚嘆の連続です。
なんとなく...渡った磯も想像出来ますよ
...私はご遠慮願います...(;^_^A
RX4号 : 2008/08/05(火) 10:12:26 | URL | [ 編集 ] :#Sg0WaspI
>>4号さん、
沖磯ではなく、地磯なので成せた事だと思います。
限界を感じたら即撤収~!(笑)

魚は落ちてくるエサに興味を示すといいますから、"誘う" 事の効果は十分あると思いますよ(^^)
ただ、今回のような場所では仕掛けは縦では無く、常に斜めに前後左右に行ったり来たりしている状態なので、仕掛けを落ち着かせる事に重点をおいています。
例のゴロタのテクニカルな場所を視野に入れております(^^;ゞ
でも、フエ鯛すら取れずにバラしてばっかですので、このままでは本命を取ることは難しいでしょう・・・。

ちなみに、私もどちらかと言うと、0ウキや沈めて流し込んでいく釣りの方が好きです(^^)

もし、4号さんが南房へ来る事があったらご案内しますが、
ええ!! こんな場所で!?と、驚かれるのは間違いないでしょう(^^;ゞ
その前に、
ええ!! ここを渡るの!?と、驚かないで下さいネ(笑)
あ! 4号さんは経験が豊富だから、驚くなんて事はないですね~(^^;ゞ

〔追伸〕
本当は、翌日の日中の釣りが、ある意味メインだったのですが、こればっかは海況に影響を受けるので仕方ありませんでした。
masaya : 2008/08/05(火) 02:54:14 | URL | [ 編集 ] :#vh1mV2jE
しっかし良くまあ ...この猛暑に..
好きこそ物のなんとやら..と言いますが...(;^_^A
尊敬しますよ...ホント とてもマネ出来まへんです(笑)
以前お話していた事の検証実験ですネ
見事結果が出たようで何よりです
昔の話ですが3mの波高で、下田沖に有る御子元島周りの船釣りをした時の事ですが
1k~1.5kの尾長を連発した事が有ります
竿が跳ねて餌が落ち込んで行く時に一気に竿がひったくられる大アタリが続きクーラーが満タンになった事を思い出しました
釣魚は40upイサキを筆頭に真鯛やメジナ、果てはワラサや大型のカイワリ等も飛び出しニコニコの釣行でした
余浮力の効果って単純に人が見やすい事以外に魚を誘う効果も有るのではないのでしょうか?
ちなみに伊豆のカゴ釣りではかなり高浮力な浮きを使い餌を踊らせる事で真鯛を狙います
私も最近3BウキにG3+G5でやったりしてます
でも0ウキの面白さも捨てがたいのですが
RX4号 : 2008/08/05(火) 02:29:51 | URL | [ 編集 ] :#Sg0WaspI

プロフィール

邂逅の海トップへ

管理人:masaya

邂逅の海 メインサイトへ
管理人プロフィールへ
管理人へメールする

最近の記事

おすすめサイト

sai_kensunの磯遊び
サイトを始めたばかりの頃に色々とお世話になった、黒鯛を狙う白い狩人sai_kensunさんのサイトです。

海釣りの旅
南房がHGのニック太郎さんのサイトです。女性ながら磯釣りに掛ける熱意は素晴らしいです。

しろうと釣りクラブ
しろうとだなんてとんでもない!? ちょっと個性的な(^^;ゞちあきさんが送る、光輝く異次元のサイト。

海釣り大好き!
地磯やサーフなどでの釣りを基本に、ルアーからエサ釣りまで何でもこなす若旦那さんのサイト。

メジナ道場-磯釣り専門……
三浦半島~伊豆エリアを中心に活動されてるyu-maさんのサイト。「HOW TO」は中々読み応え十分!^^

磯釣倶楽部 疾風 ~catch a monster~
とにかく釣りに掛ける熱意は半端ではない浅倉さんのサイト。
「磯投情報」や「上州屋.net」でコラムも執筆中!

おすすめブログ

「グレ大好き」メジナ釣師の釣行記
徳島出身、グレ大好きさんのブログ。メジナから青物釣りまでこなす釣行記は必見!

海釣り日記
タチウオ釣りに魅了されたミンミンさんのブログ

磯釣り奮闘記
みんなで楽しく釣りに行きましょう!と始めた「TEAM-N.F.C」さんのブログ

Real & Fake
紀州釣り歴10数年、落とし込み歴6年、今はルアーでのチヌゲーをメインにやられてるマッハさんのブログです。
ハッキリ言ってチヌ釣りまくりです!!


大阪~和歌山方面で地磯や沖磯のグレ釣りを楽しまれてる方々です。
グレちゃん補完計画
岸和田発 バスフィッシング釣行記
あやねパパの釣り日記
MALOの釣れづれ日記

はじめの磯釣り紀行
60尾長に50口太を求め、房総から伊豆の地磯や沖磯を東奔西走~! そんな頼もしい仲間の集う、はじめさんのブログです。
料理の腕前もかなりのものです!


黒鯛@釣れるとい~ね♪
ウキ仕掛けで狙う黒鯛&メジナ、釣れると聞けばどこまでも!?
エギングもやられてます。


磯釣りどうでしょう
はじめさん同様に房総~伊豆、果ては離島までこなすGatchanさんのブログ。
釣り魚料理もおすすめ!


西伊豆/東伊豆/三浦半島地磯の釣り+レコードとか
西伊豆・南伊豆をメインに東伊豆~三浦半島までと幅広く活躍中のカサゴさんのブログです。
こちらの釣り魚料理もおすすめ~^^


【磯釣倶楽部 疾風 ~catch a monster~】
磯釣倶楽部疾風代表の浅倉直樹のブログです。
「磯投げ情報」、携帯サイト「上州屋満足!釣りコラム」に執筆中。
釣りの事はもちろんのこと写真などもおすすめ!


房総半島Fishing Reports
小旅行みたいな釣行記
ほぼ毎週房総の海へと通うロコパパさんのブログです。狙った獲物をしっかりと釣るその引きの強さ?―いやいや、その努力は見習いたいです。

カテゴリー

カテゴリー別 記事一覧

・カテゴリー別に分けた記事の一覧

最近のコメント

管理人からのお願い

こちらのサイトでは、現在の釣りを取り巻く事情を考慮して、釣行記やBBSなどでの釣場の実名は極力控えるようにしております。
ご理解のうえ、ご協力下されば幸いです。

※渡船を利用する沖磯や沖堤はその限りではありません。

過去ログ

2018年 08月 【1件】
2012年 01月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 08月 【2件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【1件】
2011年 05月 【1件】
2011年 02月 【3件】
2011年 01月 【1件】
2010年 12月 【1件】
2010年 11月 【2件】
2010年 10月 【2件】
2010年 08月 【2件】
2010年 07月 【2件】
2010年 06月 【2件】
2010年 04月 【2件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【3件】
2010年 01月 【1件】
2009年 12月 【3件】
2009年 11月 【1件】
2009年 10月 【1件】
2009年 08月 【1件】
2009年 07月 【3件】
2009年 06月 【2件】
2009年 05月 【1件】
2009年 04月 【2件】
2009年 03月 【2件】
2009年 02月 【3件】
2009年 01月 【2件】
2008年 12月 【4件】
2008年 11月 【8件】
2008年 10月 【2件】
2008年 09月 【4件】
2008年 08月 【2件】
2008年 07月 【3件】
2008年 06月 【3件】
2008年 05月 【3件】
2008年 04月 【2件】
2008年 03月 【3件】
2008年 02月 【1件】
2008年 01月 【3件】
2007年 12月 【2件】
2007年 11月 【4件】
2007年 10月 【1件】
2007年 09月 【3件】
2007年 08月 【3件】
2007年 07月 【5件】
2007年 06月 【2件】
2007年 05月 【3件】
2007年 04月 【3件】
2007年 03月 【2件】
2007年 02月 【4件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【5件】
2006年 11月 【4件】
2006年 10月 【4件】
2006年 09月 【10件】
2006年 08月 【4件】
2006年 07月 【5件】
2006年 06月 【4件】
2006年 05月 【2件】
2006年 04月 【2件】
2006年 03月 【4件】
2006年 02月 【2件】
2006年 01月 【2件】
2005年 12月 【3件】
2005年 11月 【4件】
2005年 10月 【1件】
2005年 09月 【1件】
2005年 01月 【10件】

ブログ内検索

RSSフィード

カウンター

i2i無料WEBパーツ
合計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。